是非ともすみ着いて欲しい|肌の痒みや赤みがでるアトピーで悩んでいる人は健康食品で改善しよう
婦婦人

肌の痒みや赤みがでるアトピーで悩んでいる人は健康食品で改善しよう

是非ともすみ着いて欲しい

ファミリー

人によって効果に差がある

最近注目を浴びているのが、大豆に含まれているイソフラボンという成分です。イソフラボンは女性ホルモンのひとつエストロゲンに似た構造をしていることから、同様の作用があることがわかってきました。女性ホルモンの減少から発症する更年期障害の症状の緩和や、骨密度の維持に役立つことが知られています。しかし、せっかくイソフラボンを摂取しても、その効果に大きな個人差がでることが、近年の研究で明らかになりました。イソフラボンにはダイゼイン・グリシテイン・ゲニステインの3種類があります。体内に取り入れたイソフラボンは腸から吸収されるのですが、3種類の中でダイゼインだけが、そのままダイゼインとして吸収される人と、エクオールという成分に変化してから吸収される人に分かれるのです。この違いがイソフラボンの効果に差が生まれるのです。

謎に包まれた菌たち

エクオールの方がより高い効果を発揮するのですが、エクオールを作れる人と作れない人との差はなんでしょうか。そのヒントは腸にあります。腸の中には様々な腸内細菌がすんでいます。その中にダイゼインをエクオールに変えてくれるエクオール産生菌が発見され、このエクオール産生菌がいるかどうかが鍵になっていることがわかりました。現在まで10種類ほどが発見されていますが、まだ未知数であり全てが解明されているわけではありません。エクオールを作れる人の割合は欧米よりアジアの方が高く、大豆を食べる習慣や摂取量の多さに関係しています。イソフラボンは摂取しても2日で尿として排出されるので、大量に食べても効果を得ることはできません。必要な量を毎日摂り続けていくしかないのです。エクオール産生菌を定着させるには、バランスよく環境を整えた腸内フローラを保つことが重要です。